建築工法の種類と家の設備ナビ

建築工法の種類と家の設備ナビ

建築工法の種類と家の設備ナビ

日本では、家を建てるときに、
これほどさまざまな工法が用いられる国は他にないといわれるほど、
さまざまな工法が用いられます。

 

どの工法が良いのかはそれぞれに特徴があるので
一概にいうことはできませんが、
どの工法でも、耐震性は無視できません。

 

基礎構造が、国が定めた基準値を満たしていることが
最低限の条件です。

 

近年は、輸入物の建具や設備を用いる家も多くなっています。

 

よほど特殊なケースを除けば、
工法による使用制限もありません。

 

ですが、住宅会社によって、工法の得意、不得意があるので
工法にこだわりたいのであれば、
事前に確認しておくほうがよいでしょう。

木造軸組工法

木造軸組工法は、日本における最も伝統的な木造建築です。

 

柱と梁で骨組みが作られ、
柱と柱の間に筋交い(すじかい)を入れることによって
補強されているのが、木造軸組工法です。

 

木造軸組工法は、軸で支える構造なので、
壁の配置についてはあまり制約を受けることはありません。

 

木造と言うとデザインが古臭いのでは?
と思ってしまったり、
強度に問題があるのでは?
耐久性の面で劣るのでは?
などと不安になったり疑問を感じたりするかもしれません。

 

ですが、近代の木造工法では、
新しい材料や技術が開発され、それでいて伝統の技法が生かされたものとなっています。

 

阪神淡路大震災で倒壊した住宅の多くは、
木造軸組工法だったといわれていますが、
その殆どは昭和56年以前の耐震基準に従って建てられたふるい建物であり、
平成以降に立てられた新しい耐震基準の住宅は、
大きな被害を受けませんでした。

 

つまり、木造だからといって、強度に問題があるというわけではありません。

 

そして、木造軸組工法では、大きな開口部を作ることができるので、
風通しや採光に優れた間取りができますし、
吹き抜けなど広い空間を生かしたモダンな設計をすることもできます。

 

更に、構造上、増改築も容易で、
使用する木材によって予算も柔軟に調整できます。

 

木造軸組工法では、木材に溝をきざみ、かみ合わせるという
職人技が必要な技法です。

 

そのため、職人の技術や経験によって差が出やすく、
施工レベルや工期にばらつきがありましたが、
近年は工場での木材の切断・加工ができるようになっているため、
それほどのばらつきは見られなくなっています。